ギャラリー喫茶 おとくら

 

喫茶おとくらは、彦根市高宮町の歴史ある古民家を、

 

滋賀県立大学の学生が改修し、

 

高宮町のコミュニティスペースとして運営をしている

 

小さな喫茶です。

 

 

 

 

古く江戸時代に布問屋だったこの家には蔵がくっついていて、

 

時間の積み重ねによる、独特の落ち着いた空間になっています。

 

またギャラリー輪々も併設しており、月ごとに展示を変えて

 

様々な作品・作家さんとの出会いの場になることを目指しています。

 

 

 

 

2009年9月19日にオープンし、今年で9年目を迎えます。

 

分からないことだらけですが、皆で試行錯誤しつつ活動しています。

 

1,2,3回生総勢22名が一丸となって様々なことに挑戦し、試行錯誤しております。 

 

どうぞご期待ください。

 

おとくら~あたたかな空間 ゆるやかな時間~